不倫による夫婦生活の破綻

探偵を雇い2週間尾行してもらった結果、黒だった[岡山県 30代 女性]


この記事は、結婚相手(夫、妻)の浮気によって夫婦関係(夫婦生活)が破綻してしまったという方が書いてくださった体験談になります。


https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-YUUSEI85_hutarikossori15215124-thumb-1200xauto-12561

回目の結婚の時です。
当時は年齢がまだ若かった時のおはなしです。

供も産まれ私自身も仕事もしている普通の日常を送っていました。
前の夫は酒も飲まない タバコも禁煙してから吸っていない
家事や育児は全く手伝わないけど仕事が終わった後はまっすぐに帰ってくる人でした。
とにかく実家が大好きな人だったので
どっかに出かけるとしたら実家に行ってるなとわかってしまうくらい行動範囲も狭い人だったので
心配の一つもありませんでした。
携帯も放置型の人だったのでやましいなと思うこともなく3年の月日が流れて
夜の営みも普通に行っていました。

事先が変わりその仕事先にはキャバクラ好きの人がいて仲良くしていました。
その仕事先で知り合った人は頻繁に我が家にきて
ご飯を食べて帰えることもありましたが「上司だから仕方ない」と思ってもてなしていました。
そんな付き合いが4か月したころ前の夫から「上司の付き合いでキャバクラに行くことになった」
と言われ付き合いなら仕方ないと思い「いってらっしゃい。帰りは気を付けてね」と
気にすることも無く過ごしていましたが
月に1回だったのが月に2回
週に1回と増えていって
その度に「今日も付き合いで行かなきゃいけないからお金ちょうだい」と
お金を要求するようになってきて
「行くなとはいわないけどもう少し減らせない?そんなにいけるほどお金はあふれてこないよ?」と言って仕方なくお金を渡していました。
次第に私はキャバクラに行く日時と渡したお金をメモするようになりました。

に1回から増えることは無かったですが前の夫の作業服や財布からキャバクラの名刺が出てきた事はありません。
指名してるのか?
1万だったら指名して飲ませて2時間くらいか?
など計算しながら前の夫の帰りを待っていました。
どんなに遅くても深夜12時を超えることはなかったので
許していました。
しかし、上司がわが家へごはんを食べに来た時でした。
前の夫に電話がかかってきて外へ通話しに行った時
上司が「最近あいつ付き合い悪くてさー全然一緒にキャバクラ行ってくれないんだよね。奥さんが厳しいからってさー。たまには行かせてやってくれよ」と言われ
「そうですね」と流しましたが
キャバクラにいっていると聞いていたのに…。と思い
怒りを抑えながら前の夫の行動を見張る事にしました。

まりにも腹が立ったので探偵を雇い2週間尾行してもらった結果
前の夫は黒でした。
しかも相手はキャバクラで出会った女で一緒にご飯を買って
女性のマンションへ入っていく姿
キャバクラへ送る姿 物をプレゼントしている姿 などの写真を見せてもらいました。
そして弁護士に依頼して慰謝料をもらおうとした矢先
前の夫から「離婚してほしい」と言われました。
あんまりにも突然すぎてびっくりしましたが
理由を聞いてみたら「不倫していて相手に子供ができたから」との事
悩みに悩んで弁護士に依頼し慰謝料と離婚を成立させてもらい離婚しました。
離婚を前提だと慰謝料は150万で相手からは100万でした
【相手からの慰謝料は前の夫が代わりに払いました】
結局お金も前の夫の親から一括で受け取りました。

の後離婚して養育費を受け取りながら前の夫とはつながっていたんですが
6か月くらいで「よりを戻したい」と言われ
結局不倫相手の女の妊娠は嘘中絶費用とかの名目でお金をもらいたかっただけと知った前の夫は
なんてことをしたんだと後悔したみたいですが
時はすでに遅しです。
まったく愛情もなければ、探偵をやとって待ってる間の2週間の苦痛
夫を汚いと思ってしまう自分への嫌悪感をこいつにはわからないと思い
お断り。
今ではそんな愚かな男と離婚出来て良かったと思ってます。

[岡山県 30代 女性]

-不倫による夫婦生活の破綻

Copyright© あの人ツイッターであんなこと【まとめ】 , 2020 All Rights Reserved.