望月衣塑子

【望月衣塑子】フェイクニュースを拡散後、"フェイクニュースを流され、迷惑しました"

 

 

 

 

 

 

問題となった望月衣塑子さんのリツイート

 

 

 

 

望月衣塑子さんがリツイートした↑の情報は、フェイクニュースでした。

しかし望月衣塑子さんは訂正することも謝罪することもなく、無言でリツイートを消去してしまいます。

 

ちなみに池袋高齢者ドライバー暴走事故を起こした飯塚幸三さんと、安倍総理の元秘書である飯塚洋さんは親子関係ではないにも関わらず、断定してしまっているというのがデマの内容です。

この辺については、↓の記事に分かりやすく書かれていました。

 

 

 

まあ↑のバズフィードの記事も、望月衣塑子さんを取り上げないという点に不自然が残るものの、ハッキリとしたことは分からないのでコノ点については置いておきます。

 

望月衣塑子さんのフェイクニュース拡散は「今回に限った話ではない」というのも、ポイントかと思います。

私の知る限りでも、これまで少なくとも2度彼女はフェイクニュースを拡散しています。

詳細については↓をご覧ください。

 

【望月衣塑子vs以下略ちゃん™】後藤田正晴デマツイート拡散事件

 

 

望月衣塑子さんのリツイートに対する反応

 

 

 

望月衣塑子さんと柚木道義さんの対応の違い

 

 

↑のバズフィードの記事でも指摘されていましたが、実はこのフェイクニュースを拡散させたのは望月さんだけではありません。

衆議院議員の柚木さんも、その一人でした。

 

しかし彼はフェイクニュースを拡散してしまったことを認め、謝罪訂正をしています↓

 

 

 

一方望月さんの対応は、無言のままリツイートを消去というものでした。

こういう対応の差を見ても、望月さんの行為は記者としての責任感を欠いた悪質なものに私には見えます。

 

本サイトの他の記事にも書いてあるとおり、「明らかな間違いを訂正しないという行為は、もっとも悪質なものの1つだ」という考えを私は持っています。

確かに「無言のままなかったことにする」というのは、得な方法でもあるのです。少なくとも「短期的には」ですが。

ほとんどの人は誰がどんなフェイクニュースを拡散させたかなど、時間とともに忘れてしまいます。

それに望月さんの支持者も、このような行為によって離れてしまうことはあまりないでしょう。

 

しかしあくまで私の経験論ですが、このようなミスを認めていかないと、自分に対しての甘えが生じてしまうのではないかと感じます。

そして取り返しのつかないミスを犯すまで、繰り返し続ける可能性が高いのではないかと私は思うのです。

なのでミスを認めるという行為は、「自分自身のためにも」行う必要があるのではないかと考える次第です。

 

 

 

-望月衣塑子

Copyright© あの人ツイッターであんなこと【まとめ】 , 2020 All Rights Reserved.