伊藤和子

伊藤和子「病人に鞭打つネトウヨ」

 

 

 

 

 

伊藤和子さんにツイッタラーが意見を求めた結果…

 

 

 

 

 

 

 

 

伊藤和子さんに対するツイッターでの反応

 

 

 

 

伊藤和子さんの対応に対する私の感想

 

 

韓国で、韓国人男性が日本人女性に暴行を働いた件ですね。

伊藤和子さんを始め、これまで女性への暴力事件に対して真っ先に批判を行ってきた方々の多く(というか、ほぼ全員?)が、ダンマリを決め込んでいたことが話題になりました(その後数日経って、ようやくポツポツ意見を述べ始めたという印象です)。

 

いや、そりゃ伊藤さんも病気で苦しんでらしたということで、伊藤さんだけでなく皆さん様々なご事情があることは理解しているつもりです。

それに当然のことながら、別に何に対してつぶやくのかなんてことはそれこそ本人の自由なのですから、全く問題はありません。

ただ例えば伊藤さんの場合であれば、他のことについてはいつもどおりつぶやき続けておられていたようですし、病気で苦しんでいるとおっしゃっていましたが、前日にはイベントにも登壇されておりました↓

 

 

 

体調が悪い中、きっと優先順位をつけて行動されていたのでしょう。

でも、ということはですよ、少なくとも今回の件は伊藤さんの中では優先順位の低いことだったというのは言えそうですよね。

だから先ほど申し上げたように、ご本人が何に対してつぶやくかつぶやかないかはもちろん自由なのですが、それに対する批判も当然自由なワケです。

女性への暴力問題に重きを置いている弁護士が、今回の件だけはなぜか、優先順位を低くされていた。

「日本のmetoo運動ってなんなの?!」と。

 

確かにリサ・マーガレットさんの伊藤さんへのご質問は、少なからず煽っていると取れますよね。

なので伊藤さんが、多少感情的に返信されるのは理解できなくもないです。

ですが、それでもやはり「病気で苦しみ」「病人に鞭打つ」というのは大げさですね。

被害者として見せようとしすぎなように私には感じられます。

あと「ネトウヨ」も。

そろそろこのレッテルをむやみに貼るのは、やめた方が良いのではないでしょうか。

もちろん伊藤さんだけでのせいではありませんが、左派知識人と言われる方々ですら「自分を批判してくる者は皆ネトウヨ」みたいな風潮になってきている感があります。

これでは、リベラル知識人というものに対する見方が悪くなる一方だと思うのですが、どうなのでしょうか。

 

 

 

-伊藤和子

Copyright© あの人ツイッターであんなこと【まとめ】 , 2020 All Rights Reserved.