望月衣塑子

望月衣塑子さん、記者たちから「事実誤認が多い」「質問が主観的」などと思われていることが発覚

 

 

 

 

望月衣塑子さんに関する記事

 

 

〈望月記者の質問のスタイルについて感じている項目〉を選ぶ質問では、「長い」が17人、そうは言えないが6人。

「質問が主観的・決めうちである」が16人、そうは言えないが0人だった。

 

また、自由回答欄には「様々な角度から質問をして、真相により近づけるのが記者の役割」と擁護する意見がある一方、「(望月氏は)質問ではなく自らの主張のアピール」との指摘もあった。

 

 

望月衣塑子さんの記事に対するツイッターの反応

 

 

 

 

望月衣塑子さんの記事に対する私の感想

 

 

Twitterで見ている限りでは、積極的にツイートしている記者の多さの割に、記者同士での批判のしあいの場に私は一度も遭遇したことがないですね。

例えば弁護士なんかは、かなりやり合っている印象があるのですが。

まあそんな感じがありながら、しかも記者クラブの記者たちの間でこのアンケート結果というのは、結構問題のような気がしました。

 

望月さんに関しては、よくニュースになっているので目にする機会が多いのですが、確かに「事実誤認が多い」「質問が主観的」という印象を私も持っていたので、なんというかその点は安心しました。

でも記者さんたちは、内心そう思っていて、匿名とはいえアンケートにも書くくらいでも、表立って積極的な批判はできないんでしょうね。

まあ新聞に限らず、権益の強いところはどこもそんな感じなのかもしれません。

 

 

 

-望月衣塑子

Copyright© あの人ツイッターであんなこと【まとめ】 , 2020 All Rights Reserved.