室井佑月

室井佑月「私の政権批判が、野党の援護射撃になっている」←ネット「逆ですよ、多分」

 

 

 

 

 

室井佑月さんのツイッターでの発言

 

 

 

 

室井佑月さんに対する「いいね」なリプ

 

 

私がチェックした時点で、特に「いいね」が多かったリプライ(返信)はこんな感じです↓

 

 

 

室井佑月さんに対する「拡散された」反応

 

 

私がチェックした時点で、特に「拡散されていた」RT(リツイート)はこんな感じです↓

 

 

 

室井佑月さんのツイートに対する私の感想

 

 

「情報参謀」という本があります↓

 

 

 

コレは自民党の下野時に情報参謀を務めた小口日出彦さんが、わずか4年で政権を奪還した自民党を、徹底的なデータ分析で導いた経緯を明かしたものです。

そこには、こんなことが書いてありました↓

 

内閣不信任決議案や問責決議案は、むしろ野党の支持率を下げるらしいということがわかってきた。

例えば、国会審議中に民主党の閣僚にスキャンダルが出たとする。

当然、そのスキャンダルの当人の名前のクチコミ量がすっと上がっていく。

ところが、どういう書き込みでクチコミ量が上がっているのかを調べてみると、「○○大臣が責められてるけど、どうでもいいよ。いい加減にしてほしい」「もっと他にやることあるんじゃないの」といった意見があいつぐ。

攻める野党の側のイメージが悪くなっているのだ。

このとき、痛感したのは、「不信任や問責よりも、政治は真っ当なことをやらなければ国民の支持を得られない」という、ある意味では当たり前のことだ。

 

 

どうでしょうか。

ここ何年かの野党とその周辺を、とてもよく表していると思いませんか。

 

室井さんはこう言います。

「私が安倍自民の酷さを書き続けたことは、野党側の援護射撃になっている」

しかし、データ的には逆です。

むしろ、野党側のイメージ悪化に貢献してしまっている可能性が高い。

つまり室井さんに対する反論の方が、おそらく正しいと言えるかと思います。

 

当然ながら、この「悲しい勘違い」をされているのは室井さんだけではありません。

コレは過去記事でも触れているとおりです↓

 

森ゆうこ「内閣改造より被災者を助けて!」

菅直人さんは、長期安倍政権の立役者だ!! いや、座長だ!! がんばりたまえ!!

 

ただ最近になってようやく、野党側にも勘違いに気づく人が増え始めたように思います。

例えば山本太郎さんのれいわ新選組とか。

彼の演説を一度聞いたことがありますが、以前の言動からかなり軌道修正してきている印象を受けました。

れいわを支持する知識人層も、以前より政権批判のニュアンスが変わったように感じます。

まあ一時の偶然かもしれませんし、私はれいわ支持者ではないので(消費税については支持しますが)、それほど追えていないという言い訳をしつつ、この記事を締めたいと思います。

 

 

 

さらに詳しく

室井佑月さんのまとめページはこちら↓

室井佑月の過去の発言に対する反論・反応まとめ

 

 

 

-室井佑月

Copyright© あの人ツイッターであんなこと【まとめ】 , 2020 All Rights Reserved.