蓮舫

【蓮舫】軍事機密にも「報道の自由」を!

 

 

 

 

蓮舫さんの炎上ツイート

 

 

 

 

蓮舫さんのツイートに対する反応

 

 

 

 

蓮舫さんのツイートに対する私の感想

 

 

ドローンはすでに兵器になっています↓

 

 

 

どこまでを報道目的としようとしているのか分かりませんが、何にせよ、報道目的と称したテロやその他の違法行為は可能でしょう。

なので、政治家個人としてこのような主張をされることもモチロン問題ですが、ましてやコレを政党として声高に叫ぶことは私には到底理解できません。

 

サイレント・インベージョンという言葉をご存知でしょうか。

サイレントインベージョンとはこういう意味です↓

 

武力を行使するような表だった侵略行為ではなく、献金などを通じて「頭が上がらない」状態にすることで国の実力者を言いなりにし、最終的には実質的な属国・傀儡国家とする、というような他国への干渉の在り方。

サイレントインベージョンは、オーストラリアの大学教授クライブ・ハミルトン(Clive Hamilton)が著書「Silent Invasion: China's Influence in Australia」において、オーストラリアの政権に対する中国共産党の党略を指す語として用られている。

 

 

オーストラリアやニュージーランドでさえ、中国からかなりの程度のサイレントインベージョンを受けていると言われています。

いわんや日本をやという話です。

 

もちろん証拠はありません。

ですが状況を考えれば、日本もサイレントインバージョンを受けている可能性は極めて高いでしょう。

 

具体的に誰がどの程度どういう形で言いなりになっているかも分かりません。

そしてモチロンのこと、蓮舫さんに関してもソモソモ関係性があるのかないのかすらハッキリしたことは分かっていません。

しかし以前、国籍関連で問題視された蓮舫さんがこのような案を声高に主張すれば、より疑いの目を向けられることは当然の話であり、ご本人にとっても得策とは言えないのではないでしょうか。

 

実際↓のような意見が1万以上のいいねを受けていることからも、私はこのような感想を持った次第です。

 

 

 

 

-蓮舫

Copyright© あの人ツイッターであんなこと【まとめ】 , 2020 All Rights Reserved.