浮気をしている側の言い分

浮気されて辛い気持ちを不倫によって軽減したいと思いました[宮城県 30代 女性]


この記事は、既婚者の方で、結婚後不倫(浮気)をしたことがある、または現在不倫をしている方に、なぜ既婚者でありながらも浮気をするに至ったかのご主張や言い分(イイブン)を書いていただいたものになります。


love-826936_1280

気や不倫は大嫌いでしたし、もちろんそんな事を自分がするつもりは毛頭ありませんでした。
そんな私が5歳年上の男性と不倫関係に至ってしまったのは、夫の度重なる浮気が原因でした。

互い20代前半で結婚し、子供にも恵まれごく普通の幸せな生活を送ってきました。
ですがそんな中、夫は職場の同年代の女性と浮気をしていた事がメールで発覚したのです。
それでも子供もいるし子煩悩で私にも優しい家庭的な夫だったので、魔が差したという夫の言葉を信じて浮気を許しました。

ころがその後も別の女性との浮気が発覚、今度こそ二度としないという約束で離婚には至りませんでした。
しかし、三度目の浮気が発覚、今度は相手にも夫と子供のいるW不倫でした。

婚も考えましたが子供の事、それに何度も裏切られても長年共に生活してきた夫の事を心から嫌いにはなれなかったのです。
夫に対して疑心暗鬼な日々が続き喧嘩も増え苦しくて苦しくて、そんな時に私も浮気をしてやろうという気持ちが芽生えました。

直、夫に対してやり返したいとか自分も浮気をしたい!と思った訳ではありません。
他の男性と親密になる事で夫に対する執着や嫉妬心を軽く出来るのではないかと思ったのです。
浮気されて辛い気持ちを不倫によって軽減したいと思いました。

倫相手はネットで探すとすぐに見つける事が出来ました。
自分も浮気をされたにも関わらず、初めは相手の男性と会うことに対して家族を裏切っているような辛い気持ちになっていました。
夫にも子供にもバレないように、最新の注意を払っていたので不倫を楽しめるという状況ではありませんでしたね。

も、次第に不倫という行為に慣れていくとそれが大した事じゃないように思えてきたのです。
それは慣れもありますし、嘘も上手くなり肝も段々と坐ってきたからだと思います。

分が不倫をするようになって、夫の行動があまり気にならなくなり帰りが遅くても詮索する事はなくなりました。
皮肉にも私が不倫をするようになってから夫と喧嘩する事も全くなくなってしまったのです。

では表面上は夫も私もとても穏やかに日々の生活を送っています。
それは不倫によって私の夫に対する関心が薄れた事を意味しています。

婦として家族としてこれが良い事だとは思いません。
ですが、不倫が私の傷を癒やしてくれているのは紛れもない事実なのです。
もし夫に私の不倫がばれた時どうなるのかは分かりません。
ですが、今私から不倫の関係を清算する事はとても出来ないのです。

[宮城県 30代 女性]

-浮気をしている側の言い分

Copyright© あの人ツイッターであんなこと【まとめ】 , 2020 All Rights Reserved.