浮気をしている側の言い分

[兵庫県 40代 男性]若返った気分になって、本当に彼女との時間は楽しいものでした


この記事は、既婚者の方で、結婚後不倫(浮気)をしたことがある、または現在不倫をしている方に、なぜ既婚者でありながらも浮気をするに至ったかのご主張や言い分(イイブン)を書いていただいたものになります。


bsCSS_seiketukannoarucs1292

たしが不倫に走ってしまったのは4年前のことです。
もともと、女性に興味などなく、結婚して以来まったく合コンの人数合わせや異性が集まる場などには一切出かけていませんでした。

ころが女性比率が高い職場に異動になり、正社員、派遣の女性スタッフが20人わたしの指揮下に入ることになってから少し変化がありました。
もちろん、女性スタッフが多いことから身だしなみにも気を付けるようになります。
そして、女性が多い職場だけに職場恋愛ところか特定の女性との食事なども禁じられていました。
もちろん、わたしの立場上、そのようなことがばれたら大変です。
すぐに職場の雰囲気や士気にも影響することになります。
しかし、こういった環境だからこそ少し違ったことをしたくなるものなのかもしれません。

またま、すてきだなと思っていた女性が通勤でいっしょになることが多く、いつのまにかお互い一緒の電車に乗って、同じ車両に乗ることが毎日の定番になっていました。
まだ、その時は話していて楽しいなというくらいでした。
いい年齢をして言うのもなんですが高校生や中学生の時の淡い異性への思い出という感覚でした。
ところが帰りが一緒になることもあって、ついついなんとなく食事に行くことになってしまったのです。
なんとなくですがお互い好意を持っていたこともわかっていたのでその日のうちに大人の関係になってしまいました。

かし、このことはもちろん、職場には絶対にばれてはいけません。
お互い職場にいれなくなってしまいますので。
その日以来、逆に朝の電車もずらすようになり、会話を交わすことをあえてなくすようにしました。
さらにシフト勤務ということもあって、全員がいっしょになることもなく、彼女とも全く別の場所で1週間に1回は食事するということになりました。
家内には申し訳ないという気持ちはありましたがそれ以上に若返った気分になって本当に彼女との時間は楽しいものでした。
会話をするだけでこんなに楽しい気持ちになるなんてなかなかないものです。

女自身が30歳。私と10歳差ですが若い男性よりも会話が楽しいといってくれていました。
お互い、必要以上に深いつながりを求めていなかったことがよかったのかもしれません。
会話と食事を楽しむ大人の関係として半年余りの交際でした。
彼女が派遣契約を終えた時点でなんとなく別れてしまったのですが、本当にあとくされも変な未練もなく、非常に良い思い出として心の中に残っています。

[兵庫県 40代 男性]

-浮気をしている側の言い分

Copyright© あの人ツイッターであんなこと【まとめ】 , 2020 All Rights Reserved.