浮気をしている側の言い分

[大阪府 30代 男性]妻への腹いせから浮気をするようになった


この記事は、既婚者の方で、結婚後不倫(浮気)をしたことがある、または現在不倫をしている方に、なぜ既婚者でありながらも浮気をするに至ったかのご主張や言い分(イイブン)を書いていただいたものになります。


bosnia-948622_1280

婚男性ですが、以前浮気をしていました。
私が浮気をするようになったのは妻への腹いせから始まりました。

時の状況はというと、私が32歳、妻が23歳と年下、子供は無しで結婚して2年目に入ろうかという時に妻に浮気をされました。
というのも結婚2年目で私の職場が二つ離れた県へと移動となり、通勤するのは厳しいので単身赴任をして別居状態になってたんです。
とはいえ、毎週末には帰ってこれる距離でもあったので、できるだけ週末には妻の元に帰るようにしてたのですが、浮気をされました。
そこで離婚しようかと思ったのですが、妻があまりにも許して欲しいとせがんでくるので、再構築しようと思いました。
しかし妻がそういうことをしたんだから、私も報復行為として浮気してやろうってことで単身赴任先で浮気をするようになりました。

の浮気方法は主に出会い系サイトを使いました。
当時32歳っていう年齢でしたが、外見的には20代半ば~後半ぐらいにしか見えなかったので、年齢をごまかして女性と会ってました。
最初は一夜限りの付き合いが多かったんですが、回数を重ねて色んな女性と会ってると、体の相性が良いというか居心地が良いというか、何度も会いたくなる女性が出てきたんです。女性のほうもそのように感じてくれたんでしょうね。
単身赴任中で一人暮らしをしてるわけですし、その地域には一緒に遊ぶ知人や友人はいないので、特定の女性と頻繁に会って浮気するようになりました。
この頃に私なりに心情に変化が起こりました。

れまでは妻への腹いせとして、出会い系サイトの女性を道具のように利用していたと思うんです。
心の中に、出会い系サイトで会う女性もロクなのがいないし、手軽な風俗みたいでちょうどいいって思ってたんでしょうね。
我ながら自暴自棄だったと思います。
この女性と会ってから、この認識は間違っていることにも気づきました。

のまま妻と結婚生活を続けていくなら、この女性に対してとても失礼な行為だと思いましたし、妻への復讐という意味ではもう十分すぎるだろうって感じるようになりました。
といって妻へは憎しみもありますが、同様に愛情もあるので離婚をしてまでこの女性と一緒になりたいかというと、そこまでの感情もありません。
このままずるずると関係を続けていくと、妻もこの女性も私自身もダメになるって思い、浮気相手とは関係を切りました。
大体関係は半年ぐらい続いたとは思います。

気相手の方には悪いことをしたって思いますが、この半年で私なりに気持ちの整理がつき妻との再構築を心の底から目指すことが出来るようになりました。

[大阪府 30代 男性]

-浮気をしている側の言い分

Copyright© あの人ツイッターであんなこと【まとめ】 , 2020 All Rights Reserved.