浮気をしている側の言い分

[埼玉県 50代 男性]生涯のパートナーは妻、不倫相手は単なるセフレ


この記事は、既婚者の方で、結婚後不倫(浮気)をしたことがある、または現在不倫をしている方に、なぜ既婚者でありながらも浮気をするに至ったかのご主張や言い分(イイブン)を書いていただいたものになります。


bsAME_863kouyounikakaruhashi

50代半ばの自営業です。
不倫は若い頃にも数回経験しましたが、いずれも単発の「ゆきずりの関係」に終わりました。
ハプニング的に妻以外の女性とそういう関係になってしまったわけで、要するに「若気の至り」ということになるでしょう。

て、今日お話ししたいのは、そんな過去の思い出ではありません。
現在進行中の不倫についてなのです。
現在、私は40代の女性と関係をもっています。
あちらも既婚ですから、世にいうW不倫ということになります。
大変背徳的な行為で、しかも、若い頃と違って意図的に相手を探してつきあうようになった、
いわば「確信犯」。
罪はより重いといっていいでしょう。

の年で不倫に走った理由は二つ。
一つは妻との夫婦生活が30年近くなり、年齢的に妻を女性として見られなくなってきたこと。
そして、もう一つは、妻の方も私との肉体関係を望まなくなったことです。
それでも、50歳ぐらいまでは、細々とながら関係を持っていました。
それが、ここ数年、まったくなくなってしまったのです。
50代半ば、キャリア30年近い夫婦としては、そうめずらしいことではないでしょう。

だし、私は男してまだ現役です。
若い頃のような精力はなくなりましたが、女性との性的関係ゼロの生活は耐えられません。
そこで考えたのは「出会い系サイトを使って、不倫相手を見つけること」でした。
サイトの話は友人などから聞いていましたし、興味本位で「どんなシステムで、どんな利用者がいるのか」は、数年前に調査済みです。
なので、まったくためらいも抵抗もなく、利用することができたのです。
サイト利用にあたって、年齢的なハンディがまったくなかったとは言えません。若い人のほうが、それは出会えるチャンスはより多いでしょう。けれど、中年の人もけっこう登録していて、私は前述の女性と知り合うことができたのです。

との肉体関係はなくなったとはいえ、「別れて別の女性とやり直そう」という気持ちはゼロです。
自営で、夫婦いっしょに仕事をして生計を立てていますから、妻は「唯一の同僚」、かけがえのないパートナーだからです。
ですから、サイトで見つけた女性が既婚であるのは、私には願ったりかなったり。
「お互いに家庭を大事にしつつ、大人の関係を楽しみましょう」というコンセンサスが得られたからです。

女との交際はすでに半年近くなります。
お互い家庭や仕事がありますし、家もかなり離れていますので、会うのは月に1度ぐらいです。
このペースは悪くないと思います。
もちろん妻には秘密の不倫関係ですが、おそらく妻は「女のカン」で、なんとなく気づいているのではないでしょうか。
最近私に対して、妙にやさしいのです。
私は私で、妻に対する「すまない」という気持ちがあるので、以前より妻に対してやさしく接しようとします。
つまり、夫婦関係は、少なくても表面的には以前よりも良くなっているのです。
男の身勝手な解釈かもしれません。
けれど、妻との関係が悪化していないことは確実です。

としては、自分の心の中にある背徳感を見失うことなく、「生涯連れ添うパートナーは妻、不倫相手は遠くない将来別れるにちがいない単なるセフレ」というスタンスを貫きたいと思っています。
セフレにも「人生のパートナー」がいるのですから。

[埼玉県 50代 男性]

-浮気をしている側の言い分

Copyright© あの人ツイッターであんなこと【まとめ】 , 2020 All Rights Reserved.