浮気をしている側の言い分

夫の単身赴任が不倫のきっかけ。以前よりおしゃれに気を配るようになりました。[群馬県 40代 女性]


この記事は、既婚者の方で、結婚後不倫(浮気)をしたことがある、または現在不倫をしている方に、なぜ既婚者でありながらも浮気をするに至ったかのご主張や言い分(イイブン)を書いていただいたものになります。


IMG_0669

が不倫に走ったきっかけは、本当に些細な出来事でした。
夫が転勤をすることになり、私も帯同すれば良かったのですが私自身も正社員として働いており仕事を辞めたくなかったので、夫に単身赴任をしてもらうということで、別居生活が始まりました。
子どもがいなかったので、私の生活はまるで独身時代に戻ったような、そんな感じでした。
一人暮らしになった当初は淋しい気持ちもありましたが、次第に一人での生活の気楽さというものを実感することが増えていきました。

身の友達と休みの前日は飲み明かしたり、また、友達に誘われるまま合コンに参加することもあり、本当に楽しい時を過ごしたように思います。
そんな時に出会ったのが年下の彼であり、最初は空いた時間を一緒に過ごしてくれる異性の友達という感覚で付き合っていたのですが、次第に気持ちも惹かれていきました。
男友達として付き合っている間は、夫に対して罪悪感というものは感じませんでした。
しかし、これは浮気ではないかと感じるようになるにつれて、このままではいけないと思う自分と、もう引き返せないと思う自分の板挟みになったような心境になりました。
合コンで知り合ったので、女友達も私が彼と会ったりしているということは知っています。
彼女は私の親友とも呼べる間柄であったため、彼女に相談することが多かったのですが、彼女は彼との不倫関係を早く解消した方が良いと常に言い続けていました。

は時々単身赴任先から帰宅するのですが、会いたくないという気持ちがとても強かったです。
愛情が冷めてしまった状態だったのですが、その気持ちを悟られないようにすることで精いっぱいでした。
私自身世間体を気にする方だったので、不倫をしたからと言って夫と別れるという選択肢は全くありませんでした。
もちろん、不倫相手のことは好きになってしまいましたが、彼と結婚をする気もありませんでした。
日常生活においては、それほど変わったことはないように思いますが、以前よりおしゃれに気を配るような生活になりました。

が単身赴任をする前までは、仲の良い夫婦であり何も問題はありませんでした。
ただ、一つ言えることは私がさびしがり屋であるということです。
毎晩のように二人で晩酌をしながら仕事の愚痴を聞いてもらったりして過ごしたいたのですが、そんな相手である夫がいなくなってしまったため、そんな人を求めてしまったことが、結局不倫に走ってしまった原因ではないかと思います。

[群馬県 40代 女性]

-浮気をしている側の言い分

Copyright© あの人ツイッターであんなこと【まとめ】 , 2020 All Rights Reserved.