浮気をしている側の言い分

子供が生まれても、私の気持ちは変わらず不倫相手にありました[大阪府 30代 男性]


この記事は、既婚者の方で、結婚後不倫(浮気)をしたことがある、または現在不倫をしている方に、なぜ既婚者でありながらも浮気をするに至ったかのご主張や言い分(イイブン)を書いていただいたものになります。


time-to-go-937265_1280

は38歳の男性です。
23歳で結婚して24歳で代1子が誕生しました。
奥さんが妊娠してから産後1年位まで、ト-タル2年近く浮気をしてしまいました。

の浮気は奥さんにはばれませんでした。
なぜ浮気をしたかというと、性欲が抑えきれなかったのです。
年齢も若かったというのがありますが、きれいな女性やかわいい女性を見ると何とかして結ばれたいと思っていました。

婚してからもこの気持ちは変わりませんでした。
30歳を過ぎた位からはようやく変わりました。
妊娠中は奥さんのつわりがひどかったので、夜の営みは全くありませんでした。
性格も変わってしまい、私のことはないがしろにされていると思うようになったのです。
そんなとき友達と居酒屋で飲む機会がありました。
たまたま隣のテーブルに座っていた女性が2人ともかわいかったので、友達と2人でナンパをしました。
その時は奥さんのことを考えることはなっかたです。
ナンパをした一人の女性と私はすごく気が合ってしまい、そのままホテルへ行きました。
それからというもの2週間に1度位の感覚で会うようになり、不倫の関係になっていったのです。

の不倫の彼女は私が結婚していることは知っていました。
が、その様な話は全くしなくて、2人でいる時間を楽しむ事だけを考えているような感じのすごくできた子でした。
執拗に奥さんといつ別れるのとか、私と奥さんとどっちが大事なのとか聞いてくる女性であれば、その不倫は早くに終わっていたことでしょう。
私の性格ではそう思いました。
不倫をしていた女性は私にとって魅力的な女性で大人な女性だったのだなと今考えるとそう思います。

さんが出産してからも、夜の営みはほとんどなく冷めた夫婦関係でした。
奥さんは出産後はそんなことはしたくないと言っていました。
不倫の女性とは会うたびにそういう関係にあったのですが、奥さんとの夜の営みもほしいと私は思っていました。
私の気持ちは不倫の女性に傾いていきました。

娠してから性格まで変わってしまった奥さんと、いつも通り接してくれる不倫相手とでは比べようがありません。
不倫相手を一緒にいたほうが楽しいに決まっています。
子供が生まれたというのに私の気持ちは変わらず不倫相手にありました。
奥さんとの結婚生活は、子供が出来たのでしょうがなくといった感じで、家に帰っても会話はほとんどなく寝る部屋も別々でした。
こんな生活を続けても、みんな幸せになることはできないなと思ってはいましたがなかなか脱出することはできませんでした。

後1年ぐらいたったある日、今までうまくいっていた不倫関係が終わりを告げました。
不倫相手に私以外に好きな男性が出来たとのことです。
私は心の中では、別れたくないと思っていましたが、言葉では彼女の気持ちを尊重すると言ってしまいました。
良くない関係というのがわかっていましたが、これからは奥さんと子供のいる家庭だけになると思うと不安でした。
不倫相手との時間は本当に楽しかったです。

[大阪府 30代 男性]

-浮気をしている側の言い分

Copyright© あの人ツイッターであんなこと【まとめ】 , 2020 All Rights Reserved.