浮気をしている側の言い分

別れた今でも、不倫相手には感謝しています[東京都 30代 女性]


この記事は、既婚者の方で、結婚後不倫(浮気)をしたことがある、または現在不倫をしている方に、なぜ既婚者でありながらも浮気をするに至ったかのご主張や言い分(イイブン)を書いていただいたものになります。


identity-795864_1280

っかけは、友人同時を招待して集まるクリスマスパーティーでした。
決して浮気相手を探そうとか、恋愛がしたいというわけではなく、ただ単に友人関係が増えるといいな。と思いました。
たまたまパーティー終盤のゲームで男女ペアになることがあり、年が近いこともあって楽しくお話ししまいした。
二次会も一緒に行こうということで少人数で飲み、終電だからそろそろ…と思ったところに「良かったらこの後2人で遊びませんか?」と誘われました。
その時わたしは旦那と3年以上のセックスレスだった為、そうして真正面から女性として誘ってくれたことが妙に嬉しく、自分でも驚くほどあっさりとOKしてしまいました。

の後、ゆっくり話した所、向こうも妻子持ちだったこともわかり、お互い様なら尚の事気がラクだな。と思い、関係は続きました。
決してお互いに離婚しようとか、そういった深い気持ではなかったと思います。
ただ、毎日平凡な生活が続いていく中で、待ち合わせをして美味しいものを食べたり、お洒落をして喜ばせようと思ったり、クリスマスの行事などを楽しんだりといった、普通の『恋愛』のカタチが新鮮で、大げさかもしれませんが毎日の刺激になっていました。
言い訳だと思われるかもしれませんが、それによって、今まで優しくできなかった旦那に対しても、一緒にいるときは楽しく過ごそうという気持ちになることが出来たと思います。
それは悪いことをしているといった罪悪感ではなく、相手を喜ばせようとすることが、結果として自分にとっても幸せな時間だということを思い出すことが出来たからだと思います。

倫をしていた彼とは2年間ほど続きましたが、最後はお互いに忙しくなってしまったことと、最初の気持ちが冷めてきたことで自然消滅しましたが、いまでもとても感謝しています。
また新たに不倫をしようという気持ちはありませんが、相手を喜ばせるために頑張ろうという気持ちをこれからも大切にしようと思えています。
不倫がよいことだとは思いませんし、誰かが悲しむ結果になることは悪いことだとは思いますが、最低限の思いやりや配慮をもった上で大人とした行うものであれば、多少は許されることではないかな。と思います。
何より、やはり浮気や不倫をしている人は、パートナーとの関係に少なからず不安や不満を持っているものだと思いますから、そういったものを自覚したり、反省するきっかけにもなるのではないかと思います。
少なくともわたしにとって、不倫を経験したことで、自分の夫婦関係や女としてのモチベーションを振り返る上で大切な経験だったと思っています。

[東京都 30代 女性]

-浮気をしている側の言い分

Copyright© あの人ツイッターであんなこと【まとめ】 , 2020 All Rights Reserved.