浮気をしている側の言い分

[山口県 40代 女性]正直を言うとこの一回限りの浮気はとてもよかった


この記事は、既婚者の方で、結婚後不倫(浮気)をしたことがある、または現在不倫をしている方に、なぜ既婚者でありながらも浮気をするに至ったかのご主張や言い分(イイブン)を書いていただいたものになります。


bsPAK88_RMhoutennbunojin

は結婚をしたのが34歳という年齢でした。
決して早い方ではありません。もともと大学生時代にとても好きな人がいて、その方と恋愛をしたのですが、しょせん大学生の恋愛です。
お互いに分かり合うこともできず、相手をライバル視することもあり、若い二人にとって、お互い傷つけあった恋愛だったと感じていました。
でも私はその人が初めてきちんと付き合いした人であり、彼と分れてからも結構未練が残っていたのですね。
それから何人かの男性と付き合いましたが、男性との付き合いにあまり楽しさを感じず、特に結婚に関しては現実的に考えることすらできませんでした。

かし、親の希望もあって、結婚をしてほしい、誰かいたら、結婚をする方が幸せを掴むことが出来るという親からの勧めもあり、半ば自分の本位ではありませんでしたが結婚して現在に至るのです。
結婚は本心でしたのではなく、妥協でしたと自分でも思っています。

婚して3年がたった時、大学の同窓会が行われることになりました。
その同窓会に行こうか迷ったけれど、当時の彼も来ているのではないかという期待もあり、行くことにしました。
夫は特に何も疑ったりする人でもないし、あまり干渉しない性格の人なので、同窓会も簡単に参加することが出来ましたね。
当日会場であるホテルに向かうと、そこには当時の彼も来ていました。
私は彼と話をすることが気まずく、離れたとことから、時々見ていたのですが、彼から話しかけてくれたのです。
私は嬉しかったですね。
彼とは現在のことについていろいろ話しましたが、話すうちに昔はあなたの対して本当に好きだった、いつもときめく気持ちがあったのに、最近はそんな気持ちを感じることはほとんどないということまで話してしまいました。
そしたら彼が今はどう?俺を目の前にしてときめく?と…。元気そうで安心したという気持ちもあるし、会えてうれしいという気持ちもある。また今でもドキドキしていると答えると、彼が僕もだよと手を握ってくれました。
それから彼とその場を抜け出したのです。
そして一晩だけ彼とベットをともにしました。

も既婚者、私も既婚者、お互い一回限りということで納得して関係を持ったのです。
私は正直を言うとこの一回限りの浮気はとてもよかったと思います。
彼への未練が吹っ切れたような気がするのです。
そして次はないと感じることが出来るのです。
彼のことは好きですが、これで気持ちの整理がつきました。
この浮気の出来事は墓場まで持っていくつもりです。

[山口県 40代 女性]

-浮気をしている側の言い分

Copyright© あの人ツイッターであんなこと【まとめ】 , 2020 All Rights Reserved.