相手の浮気による苦しみ

妊娠中に夫に浮気をされました。


この記事は、過去1年以内に結婚相手(妻あるいは夫)に実際に浮気をされてとても苦しんだという方が書いてくださった体験談になります。


妊娠初期から悪阻に苦しみながら仕事を続けていました。

妊娠中に夫に浮気をされました。妊娠初期から悪阻に苦しみながら仕事を続けていました。
私は不定休で夫が土日に休みなので料理のにおいが無理なのでせめて土日だけでも晩御飯を作って置いてくれないか?と頼みましたが、仕事から帰宅すると夫がおらず晩御飯もない状態でした。
平日は18時には帰宅していた夫の帰りがだんだん遅くなり、私の負担が大きくなっていきましたが、忙しいという言葉を信じ何とか家事をしていました。

トイレに立てこもりLINEをみたら、

ある日先輩の家に泊まるといきなり言われてもしかして・・・という不安に襲われました。
「本当にしんどくなったら電話して、すぐ帰ってくるから。」と言われていたので20時頃トイレで吐きながら電話しましたが出る出ないの問題ではなく電源が切られていました。
結局帰ってきたのは夜中の3時。そこからは喧嘩です。
夫の携帯を奪ってトイレに立てこもりLINEをみたら、今日はありがとう♡次は○○に行きたいな♡など真っ黒でした。
トイレから出て夫を問い詰めようと瞬間に平手打ちをされ取っ組み合いの喧嘩になり床に倒れこみました。
その瞬間に腹部に激痛が走りぬるっとした感覚がありました。
激痛で顔を歪ませているにも関わらず馬乗りになり両手首を押さえつけられ意識を失いました。

流産してしまうのではないかという恐怖で

病院に駆け込みましたが胎児の心拍が下がっています。
危ない状態です。
この子の生命力を信じるしかないと医師に告げられました。
もちろん即入院です。
出血は止まらず、悪阻もひどくなり点滴で生きる日々。
流産してしまうのではないかという恐怖でほとんど泣いて過ごしました。

全裸のまま屋上から飛び降りようと

1週間の入院で10キロ落ちてしまい仕事に行く気力もなく、少し休ませてももらうために職場に書類を書きに行ったとき押さえつけられた両手首が真青になっているのが見えてしまったみたいで、個室に連れていかれ福祉系の職場だったのですぐケースワーカーが来て話しなさいと言われました。
この子の為に離婚はしない・大事にしないと決めていたのにケースワーカーに話してしまってからは、シェルターに移りなさい、相談所に行きなさいと連日訪問や電話での攻撃。
まだ子供の無事も確定したわけでもない、浮気をされた事を受け入れられていないのに「他人から助けてあげる。」と毎日ガンガン電話がなりました。
もう精神的にもおかしくなっていました。
ここからはほとんど記憶がないのですが、夫が裸の私を抱きしめて泣いていました。
すぐ土下座をして謝罪してきました。
夫が言うには夜中の3時に外に出て行った気配があったので探すと全裸のまま屋上から飛び降りようとしていたとの事です。
私は全然記憶にありませんでした。かなり精神的にやられていたのだと思います。

-相手の浮気による苦しみ

Copyright© あの人ツイッターであんなこと【まとめ】 , 2020 All Rights Reserved.