相手の浮気による苦しみ

携帯には女子学生と夫がキスしているプリクラが何枚も


この記事は、過去1年以内に結婚相手(妻あるいは夫)に実際に浮気をされてとても苦しんだという方が書いてくださった体験談になります。


は40代の主婦です。
中学1年の長女と小学生3年の長男がおります。
夫は50代で大学の事務員 年収は650万円ほどです。
今のところ家計は苦しくありませんでしたが、将来を考えると多少不安がありましたので、2年くらい前からスーパーのレジ打ちのパートを始めました。
時給は850円で月に5万円くらいの収入がありました。
夫はとくに趣味もなく、ほぼ毎日7時には帰宅しお風呂に入ってビール1本飲むのを唯一の楽しみにしているような人でした。
私がパートから疲れて帰ってくると自分も疲れているにもかかわらず、家事を手伝ってくれたり、肩を揉んでねぎらってくれたりと本当にやさしい人でした。
そんな夫の様子が変わってきたのは今年の4月頃からでした。

日の帰宅が少しずつ遅くなり12時を過ぎることが多くなりました。
終電に間に合わないこともありタクシーで帰宅することもありました。
毎年、新学期が始まる頃には新入生の事務作業や、新規採用の職員の教育などで忙しくなるのは知っていたので、私は気にも留めていませんでした。
帰宅が遅くなった以外はいつものやさしい夫でしたから。
ですが5月になっても6月になっても夫の忙しさは変わりませんでした。
疲れて帰宅する夫が不便でなりませんでしたので私は精一杯尽くしました。
私たちのために仕事を頑張ってくれている夫が少しでも楽になればと、私もスーパーのパートを頑張りました。
自分から進んで残業を申し出て家計の足しにしようと考えました。

140726148868

んなある日、遅番勤務のアルバイトの女子大生が急な用事が入ったとかで早退することになりました。
わたしはいつものように残業を申し出て9時まで残ることになりました。
8時に店を閉店しレジ清算や清掃を終えました。
9時にタイムカードを切ってロッカー室で着替えていたところ、隣のロッカーから携帯の着信音がなりました。
10コールくらいして切れましたが、またすぐに着信音がなりました。
ロッカーのネームプレートを見ると、急用で早退した女子大生のロッカーでした。
慌ててたのでわすれたんでしょう。
勝手に開ける訳にはいかないのでそのまま帰宅しようと思いましたが、何度も着信があるので、もしかしたら忘れた場所がわからなくて自分で電話をかけてるのかもしれないと思い、ロッカーを開けてみることにしました。
開けた瞬間、自分の目を疑いました。
そして、これまでに経験したことのない、怒りでもない悲しみでもない複雑な感情と、立っているのがやっとなほどの身体の震えに襲われました。

帯にはアルバイトの女子学生と夫が肩を組んでキスしている写真のプリクラが何枚も貼ってあったのです。
その時、携帯の着信音がなりました。
画面には「事務員さん」と表示されていました。
電話に出ると「○○ちゃん どこにいるの?」と夫の優しい声が聞こえてきました。
「私です」と言うのが精一杯でした。
電話は無言で切れました。
その夜、夫は帰宅しませんでした。
次の日の夜に夫は何事もなかったように帰宅しました。
お互い昨日の夜の話をすることはありませんでした。

れからの夫は以前のように7時に帰宅するようになりました。
以前と変わらない日常が戻りました。
何度かあの夜のことを問いかけようと思いましたができませんでした。
その瞬間全てが終わってしまうからです。
あれから半年が経ちましたが、最近ではあれは夫ではなく別の男性だったのでは?と思うこともあります。
家族との幸せな生活を壊したくない自分の脳が勝手に記憶を塗り替え用としているのかもしれません。
私は一生あの日の出来事を心にしまって生きていかなければならないのでしょうか。
何事もなかったように振る舞う夫の顔を見るたびに胸が張り裂けそうになります。

-相手の浮気による苦しみ

Copyright© あの人ツイッターであんなこと【まとめ】 , 2020 All Rights Reserved.